安い?高い?ナイフの産地・材料・品質

ナイフの価格ってものすごく安い2~3千円のものから10万円オーバーのものまであって、なんでこんなに価格がちがうの?って思いませんか?ナイフの価格を決める大きな要素は「どこで作っているか」と「材料」。では、ナイフの産地は?という大きくは「アメリカ」「ヨーロッパ」「中国」の3つでしょう。

中国製:安くてそこそこの品質のナイフからハイスペックでリーズナブルなナイフを生産。

中国は大量生産で格安のナイフを世界の国々に供給しています。ひと昔前までは安かろう悪かろう…だったものが、最近では高精度の工作機械によって品質の高いナイフの生産も可能となってきました。ただし、ブレードの焼入れについては精度にばらつきがあり、当たりハズレがある…というのが中国製格安ナイフ、中国製鋼材の評価です。そんな弱点をアメリカ製の鋼材や日本製、ヨーロッパ製の鋼材を使用してクリアした中国メーカーも最近では出てきました。リーズナブルなところでは「リアルスチール」、高級なところでは「KIZER」「We Knife」などがあります。中国製鋼材は8Cr13MoVステンレスなどがあります。

 

ヨーロッパ製:1万円前後のものからハイスペックの高品質なナイフを生産。

ヨーロッパでは刃持ちが多少劣っても、研ぎやすく研いだらよく切れる刃物が好まれるため、製品も柔らかめの鋼材のナイフが多くラインナップされています。そういったヨーロッパの需要に応えるためか、ヨーロッパで製造されている鋼材は研ぎやすい鋼材が中心となっています。有名なスウェーデン鋼の他、オーストリアやドイツの鋼材などがメジャーです。アメリカをメインの市場としている製品を製造する工場ではハイスペックなナイフも生産されています。ヨーロッパ鋼材で研ぎやすいものとしてはスウェーデンはサンドビック社の12c27、X50CrMoV15、オーストリアはボーラー社のN690など、高級鋼材としては同じくボーラー社のELMAXなどがあります。

 

アメリカ製:ハイスペックなナイフを生産。

アメリカでは様々な需要があり、ハイスペックあり、クラシカルなナイフや、ヨーロッパのような研ぎやすいナイフもある、玉石混交状態でメーカーも多数ありますが、ことアメリカで生産されるナイフに関してはハイスペックナイフが中心です。アメリカで生産している大手メーカーはベンチメイド、ZT、ホーグ、高級なところではクリスリーブ、スパルタン、ウィリアムヘンリーなどがあります。その他の多くのメーカーは様々な国で生産しており、その中でもアメリカで生産されたものについては、そのメーカーの高級ラインナップである場合がほとんどです。高級鋼材としてクルーシブ社の粉末鋼(CPM-S35VNなど)があります。

 

日本は?

では日本はというと、海外メーカーの製品を生産している工場が幾つかありますが、日本のメーカーとしてはGサカイ、Mカスタ(丸章工業)、モキなどが、世界のトップといってもいい品質のナイフとしてロックステッド(石田工業)があります。日本製の鋼材としては愛知製鋼のAUSシリーズ(AUS-8など)、440C、武生特殊鋼のVG-10、高級鋼材としては日立金属のZDP189などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です