ナイフのハンドル材

ナイフのハンドル材って色々ありますね。見た目で選ぶのももちろんアリですが、基本的な特徴は知っておきたいですよね?!

ハンドル材には大きくは天然材と人工材があります。

一般的には人工材のいほうが水に強く耐久性に優れるため、水に濡れたりハードな使用を想定しているのであれば人工材がお薦めです。

天然材は人工材に耐久性などで劣るものの、材料によって異なる素材感、一本一本異なる模様や造形が魅力です。天然材はその含有する水分量が変わると(乾燥すると)割れたり変形したりすることがあります。

天然材

天然木

硬いものから柔らかいものまで、種類によってその特徴は異なります。硬いものほど水に強く、柔らかいものほど水に弱い傾向があります。アマニ油などであらかじめ手入れしておくと水に強くなります。
・アイアンウッド
・ココボロ
・スネークウッド
・オリーブウッド

パッカーウッド(積層木材)

天然木よりも水に強く、耐久性があります。庖丁のハンドルにもよく使用されます。

 

貝殻(パール・ブラックパール・アバロン)

パール(白蝶貝)、ブラックパール(黒蝶貝)、虹色に輝くアバロンなどがあります。水にはそれほど強くなく耐久性にも優れませんが、非常に美しく、カスタムナイフによく使用される高価なハンドル材です。

 

スタッグ(鹿角)

近年価格の高騰がいちじるしくサンバースタッグなど良質なスタッグ材は手に入れることが困難になっています。独特の凹凸をなす造形は滑り止めとなります。

 

ホーン(角)

牛角、ラムホーン等、水牛の角は艶のある光沢が特徴です。ハニーホーンと呼ばれる、白色の混ざったホーンは近年少なくなりました。

 

アイボリー(象牙)

ワシントン条約によって取引が制限されている象牙は希少であり各カスタムナイフメーカーが既に保有している材料を少しずつナイフに使用しているというのが現状です。
制限にかからないマンモスの牙(マンモスアイボリー)は化石であるため、水には強くなく、耐久性の面でも優れません。やや黄味がかったものが多く出回っています。

 

レザーワッシャー

丸く切り抜いた牛革を積み重ねてハンドルにします。水にはあまり強くありません。クラシカルなボウイナイフなどに使用されます。

 

ボーン(牛骨)

スタッグに似せて彫りを入れたスタッグボーン(ジグドボーン)や様々な色に着色したボーンなど、スタッグ(鹿角)の価格が高騰するにつれて様々なボーンが使用されるようになりました。

 

他にもマンモストゥース(マンモスの歯)やトルコ石などの石材、コーラル(サンゴの化石)などがあります。

 

人工材

マイカルタ

・ペーパーマイカルタ
・リネンマイカルタ
・キャンバスマイカルタ
基本的には水に強く耐久性に優れますが、繊細なペーパーマイカルタはやや耐久性に劣ります。キャンバスマイカルタはその仕上げによって表情がまったく異なります。バークリバーのようなつるつるの仕上げ、オンタリオのような荒目の仕上げがあります。荒目に仕上げる場合には水に濡れた場合にも滑りにくいハンドリングを実現します。

 

G-10

ガラス繊維を積層し固めた材料です。水に強く耐久性にも非常に優れます。
水に濡れた場合にも滑らずに使用ができます。
表面の仕上げによって極めて滑りにくくすることが可能で、手袋での使用にも向いています。

カーボン

軽く見た目に特徴のある高級材です。カーボンハンドルのナイフばかりを集めるコレクターも。

 

金属系

・エアクラフトアルミ
・チタン
・ステンレス
アルミとチタンは軽いのが特徴です。一方どっしりとしたナイフが好みというユーザーも一定数おり、ステンレスハンドルのナイフも人気です。チタンは加工の難しい高級材でZTやクリスリーブ、スパルタン、ウィリアムヘンリーなどハイスペックナイフによく使用されます。金属製のハンドルは、マイカルタやG-10、樹脂製のハンドルと異なり、素手で触ったときに冷たいのが難点です。

 

パラコード巻

ブレードとハンドルが一体の鋼材そのものがナイフといった形状の場合、ハンドルにパラコード(パラシュートコード)を巻き付けて使用することにより適度なクッションとなる他、緊急時に紐として使用できるハンドルとなります。

 

樹脂系(プラスチック)

グラス強化ナイロンなど、水に強く耐久性もあり、価格の安いナイフによく使用されます。

 

他にもクラトンといった高性能ゴム、キリナイトと呼ばれるアクリル樹脂などがあります。

 

見た目、使用用途、使用頻度によって自分にあったハンドル材を選びましょう!