刃物コラム

弥左衛門 手打 握り鋏、播磨小野の伝統工芸を訪ねて

投稿日:

播磨小野(兵庫県小野市)にある手打ち握り鋏の工房を訪ねました。

現在ではほとんどのハサミがプレス(板状の鉄を形に切り抜いて作る)で大量生産される中、刀を作るのと同じ製法=手打ち鍛造にて鉄の固まりから熟練の職人の手により一本一本製造されている日本の伝統を受け継ぐ握り鋏です。

動画は刃付けの工程。写真は工程の分かる形状見本、鍛造をする大型のハンマーやグラインダーなどが見られます。

よく使う方にこそ、この握り鋏の真価が分かるでしょう。職人がいなくなる前に手に入れておきたい握り鋏です。

”弥左衛門”手打ち握り鋏はこちら>>

-刃物コラム

Copyright© ナイフの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.