Q&A

Q&A、ブレードがセンターに入っていないのですが?

投稿日:

Q、

折り畳みナイフでブレードがセンターに入っていない(ブレードを閉じた時に真ん中よりちょっとずれしまう)物があるのですが、これはなぜでしょうか?
調整の仕方などがありましたら教えていただきたいです。

A、

ブレードがセンターに入っていない件ですが
様々な要因があって原因はこれと言い切れません。

例えば焼入れ前にはバッチリセンターに入っていたものが
焼入れ後にわずかに歪んだためにセンターからずれてしまうといったことや
ピボットの穴の精度がシビアなために僅かなことでセンターに入らなくなってしまうなどです。

特にライナーロックやフレームロックでは
ロック機構の都合ブレードが押されるため
ロックバックなどよりセンターに収めることが難しいようです。

またライナーロック(フレームロック)では
ブレードを開く際にライナーロック側にブレードを押す関係上
センターよりも右側(ライナーロックの反対側)にブレードが寄っている方が
ブレードが擦れる恐れが少なく右寄りのほうが好まれるようです。

カスタムナイフでは独自のノウハウをもって
それを無理やりセンターに持ってくるようですが
ファクトリーナイフでは現状そこまでの調整をするメーカーは無いと思われます。

またナイフは道具であるという観点から
日本ほどセンターに入るということ自体があまり重要視されていません。

調整の方法ですが、厚みの違うワッシャーで調整するなどありますが
一般にはピボットネジを締め直す程度しか難しいのではないかと思います。

-Q&A

Copyright© ナイフの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.