刃物コラム

ファブルに登場したナイフ 映画、漫画

更新日:

※ネタバレ注意

ヤングマガジンで連載中、大人気で映画化された「ファブル」、岡田准一が主演でご覧になった方も多いのではないでしょうか?

そんなファブルですが、映画でも漫画でもナイフが様々な場面で印象的に登場します。それはひとえに著者である南勝久氏がナイフを好きだからです。

南氏はランボーのファンでランボーナイフも若くお金のないときにレプリカの廉価品を購入し持っていたとのこと。ある時、山秀を訪れ本物のランボーナイフを購入されていきました。

ナイフを観ながらお酒を飲むのが楽しみだそうです。ナイフファンの方には共感する人も多いのではないでしょうか?

それ以降、ファブルに登場した店舗の取材や資料としてのナイフを多数ご購入いただいております。

あるときにはファブルのために無人島で実際にサバイバルをしてみるという事を他の漫画家さんを巻き込み実行したそう。そんな経験がリアルな漫画の描写につながっているのではないでしょうか。

今回はそんなファブルに登場したナイフを紹介します。

 

ベンチメイド 141SBK ニムラバス

3巻p190から登場のニムラバス。ナイフファンにはご存知、アメリカの軍隊に採用されたナイフとしても有名。

映画でも漫画と同様、少年時代に森の中でサバイバルしているときのナイフとして登場。芋虫を食べるシーンが印象に残っています。

漫画で登場のハードシースは残念ながら廃盤のため現在は手に入りません。

刃厚が3mmと薄いため実は食材を切るのも得意。タクティカルな雰囲気が好きでバーベキューが好きな方はタントーブレードの141モデルではなくドロップポイントの140モデルがオススメです。

>>ベンチメイド 141SBK ニムラバス Tポイントのご購入はこちら

 

ブラックホーク CQD マークI

3巻p190からニムラバスとともに登場し、4・5巻表紙とp187からの過去の回想など様々な場面で使用されているブラックホークCQD。

CQDはClose Quarters Deffenseの略。近接戦闘用の大型のフォールディングナイフで、ガラスブレーカーとストラップカッターが付属、ダブルロック搭載で誤ってロックが解除されるのを防ぎます。

当時MOD(マスターオブディフェンス)から発売され、戦闘専門家、特殊戦闘員、特殊作戦訓練要員によって設計され、MODのナイフが警察や軍関係のプロにも多数採用されたことから一世を風靡したタクティカルホルダー。現在はブラックホークから台湾製の廉価モデルが販売されています。

映画では登場しませんでしたが漫画では様々なシーンで登場し、主人公がメインで使用しているナイフです。

>>ブラックホーク CQD マークIのご購入はこちら

 

 

ヴィクトリノックス スイスカードライトT

5巻p70で出所した小島の部屋に忍び込み、トラブルの痕跡を探すのに登場。映画ではみさきと一緒に小島が砂川のグループに拉致されるシーンに置き換わってナイフも登場しません。

ナイフといえば誰でも知っているスイスアーミーの十徳ナイフ。そんな十徳ナイフを作っているメーカー、ヴィクトリノックスの製品。

漫画にも登場するナイフ(レターオープナー)、ライトの他に、ハサミなど計13のツールを備えたのカード型の携帯に便利なナイフ&ツールです。

※正当な理由なくナイフを携帯することは法令により禁止されております。

 

 

ジミーライル SLY2

6巻p118でボスと若頭が病院で邂逅する場面に登場。映画でも同様ですが漫画では無かった枕をナイフで突き刺すシーンが印象的です。

驚くことに映画では南氏所有のLILE作の本物が使用されています!!!

漫画では軽く説明されていますがSLY2は映画「ランボー」で使用されたファーストブラッド(ランボー1のナイフ)とはヒルト(ガード)の形状が違うのみでそれ以外はランボーナイフと同じというスタローンの愛称を名前としてつけられたナイフです。

個人的にはランボーの映画で使用したナイフよりSLY2のガードの形のほうがカッコよくて好きです。

 

 

スパイダルコ C07 ポリス ステンレス

漫画では登場しませんが、映画のゴミ処理場の戦闘シーンで登場。
映画では本物のナイフではなく小道具を使用していたようですが、スパイダルコのポリスで間違いありません。

ナイフ好きの南氏の意向で、ナイフを使用するシーンがなるべく多くなるようにしたとの事。

漫画では静かとも言える戦闘シーンが映画ではハチャメチャな盛り上がりになっていましたが映画らしいといえばらしいでしょうか?

 

 

おまけ・・・山秀の小栗店長が登場!!!

7巻p138から山秀の店舗と小栗店長の登場です!
山秀の実店舗にご来店の際は本人と見比べてみてくださいね。

 

上記以外にもスチレットナイフやポールフォースの折りたたみナイフ、ブラックホークのフィクスド(現在廃番)などが登場します。

また映画の話以降も漫画ではボスからSLY2を贈られた主人公が山にSLY2を持っていくなど、ナイフ好きなら「ファブル」の漫画、映画ともにオススメです。

また「ファブル」ファンの方もこれを機にナイフを手にとってみてはいかがでしょうか?

 

-刃物コラム

Copyright© ナイフの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.