ブッシュクラフト ナイフ

ブッシュクラフトとは、森林の中で生活する技術のこと。

現代のテントのような便利な道具が無かった時代、ナイフと火打ち石など最低限の道具を持って、あとは木を削ったり様々なものを現地調達して森林の中で生活する技術が考案されました。

現在ではそんな技術がより自然を身近に感じる方法として脚光を浴びています。ライターやマッチを使わずに火を起こし、一晩中燃え続ける焚き火、木の枝や落ち葉を使ってできるシェルター(テントのようなもの)、カップや皿、フォークなどをナイフで削り出して作る…。

ナイフ一本で「チョッピング」「バトニング」などと呼ばれる技術を駆使して木を薪にし、着火には火が付きやすいフェザースティックと呼ばれる状態に木を加工します。着火にはファイヤースターターを使うのが一般的です。

ナイフで薪を作りファイヤースターターで火花を散らして着火した焚き火で暖をとる…。時にはお湯を沸かしてコーヒーを入れたり、焚き火調理したり…。スイッチひとつで火が点く現代において、あえて便利な道具を使わないことで自然に対する理解や知恵を学びませんか?

ブッシュクラフトに適したナイフはこちら>>

フェザースティック

木の枝に狭い間隔で切り込みを入れてフェザー(羽毛)のように細かい木をつくって、火をおこす際に使います。

ファイヤースターター

マグネシウムの棒(ロッド)をナイフの背か専用のストライカーで削って粉を着火用のフェザースティックなどにかけた後、ロッドを擦って火花を散らし、火を付けます。

ファイヤースターターはこちら>>

 

バトニング

薪を割るにも斧など大きく重いものを持っていけない森林の中ではナイフを使って薪を割ります。
薪にナイフをあてがい、ナイフの背を木の棒(バトン)で叩き、ナイフを食い込ませて薪を割ります。

その際、刃厚の薄いナイフだと薪が割れずにナイフが食い込むだけになります。そのためバトニングには刃厚の厚いナイフが適しています。

薪の割易さはコンベックスグラインド(ハマグリ刃)が一番割れやすく、スカンジグラインド、フラットグラインドと続きます。ホローグラインドのナイフでバトニングが出来ないということはありませんが、刃先が薄く頑強さがないため、使い方を間違えると刃を欠けさせたりしますのであまりバトニングには向いていません。

またバトニングはナイフに強い負荷がかかりますから、フルタングの頑強なシースナイフが適しています。

一部動画ではフルタングではない安いナイフ(モーラ コンパニオンなど)でバトニングをするものが見られます…。出来ないわけではありませんが、ナイフの寿命が短くなりますのでお勧めしません。

 

 

チョッピング

チョッピングはナイフを木や枝に叩きつけて切り込みを入れ何度も繰り返すことで枝を切って短くしたりする技術です。

叩きつけて切り込みを入れるためにはそこそこの重量が必要で大きくある程度重量があるナイフが適しています。軽いナイフや短いナイフでは腕力で叩きつけなくてはならないため、チョッピングには向いていません。

チョッピングが出来るナイフはバトニングも大丈夫、大は小を兼ねるということですね。

 

チョッピングに適したナイフはこちら>>

お気に入りのブッシュクラフトナイフを手に入れてください!

 

ナイフの鋼材 2

現在のナイフの作り方、ストックアンドリムーバルを始めたナイフの神様、ラブレスは車の板バネを利用して最初のナイフを造りましたが、ナイフの鋼材はD2鋼や154CMなど工具鋼からナイフに適したものが流用されているもの、VG-10のように刃物用に開発された鋼材などがあります。

ナイフの鋼材は大きくはステンレスと炭素鋼(ハガネ、カーボンスチール)に分けられます。
ステンレスはハガネにクロム13%以上加えて錆びにくくした鋼材のことをいいます。クロム以外にもバナジウム、モリブデン、タングステンやニッケルなどを加えることがあります。

近年ではクロムの含有が13%未満のステンレスともハガネとも言えない鋼材が出てきました。ハガネよりは錆びにくいけれどもステンレスほどではない鋼材が増えた結果、これはステンレス、これはハガネといったような明確な区別ができない鋼材についてはセミステンレスなどと呼ばれています。

近年よく使われる鋼材はAUS8とほぼ同じ組成の中国製の鋼材8Cr13MoV、一昔前まで最先端の鋼材だったバランスの良い鋼材440C、カスタムナイフによく使用される高級鋼材ATS-34、粉末冶金鋼CPM-S30Vなどがあります。

ナイフの鋼材に求められる機能は、切れ味、耐摩耗性(刃持ち)、靭性(折れにくさ)、耐食性(錆にくさ)ですが、切れ味を良くするためにカーボンの含有量を上げると錆びやすくなるなど、すべての要素を満たした鋼材は無く、用途によって鋼材に向き不向きがあります。
鋼材の特性を知って用途にあった鋼材のナイフを手に入れてくださいね。

※編集中

 

ナイフのハンドル材

ナイフのハンドル材って色々ありますね。見た目で選ぶのももちろんアリですが、基本的な特徴は知っておきたいですよね?!

ハンドル材には大きくは天然材と人工材があります。

一般的には人工材のいほうが水に強く耐久性に優れるため、水に濡れたりハードな使用を想定しているのであれば人工材がお薦めです。

天然材は人工材に耐久性などで劣るものの、材料によって異なる素材感、一本一本異なる模様や造形が魅力です。天然材はその含有する水分量が変わると(乾燥すると)割れたり変形したりすることがあります。

天然材

天然木

硬いものから柔らかいものまで、種類によってその特徴は異なります。硬いものほど水に強く、柔らかいものほど水に弱い傾向があります。アマニ油などであらかじめ手入れしておくと水に強くなります。
・アイアンウッド
・ココボロ
・スネークウッド
・オリーブウッド

パッカーウッド(積層木材)

天然木よりも水に強く、耐久性があります。庖丁のハンドルにもよく使用されます。

 

貝殻(パール・ブラックパール・アバロン)

パール(白蝶貝)、ブラックパール(黒蝶貝)、虹色に輝くアバロンなどがあります。水にはそれほど強くなく耐久性にも優れませんが、非常に美しく、カスタムナイフによく使用される高価なハンドル材です。

 

スタッグ(鹿角)

近年価格の高騰がいちじるしくサンバースタッグなど良質なスタッグ材は手に入れることが困難になっています。独特の凹凸をなす造形は滑り止めとなります。

 

ホーン(角)

牛角、ラムホーン等、水牛の角は艶のある光沢が特徴です。ハニーホーンと呼ばれる、白色の混ざったホーンは近年少なくなりました。

 

アイボリー(象牙)

ワシントン条約によって取引が制限されている象牙は希少であり各カスタムナイフメーカーが既に保有している材料を少しずつナイフに使用しているというのが現状です。
制限にかからないマンモスの牙(マンモスアイボリー)は化石であるため、水には強くなく、耐久性の面でも優れません。やや黄味がかったものが多く出回っています。

 

レザーワッシャー

丸く切り抜いた牛革を積み重ねてハンドルにします。水にはあまり強くありません。クラシカルなボウイナイフなどに使用されます。

 

ボーン(牛骨)

スタッグに似せて彫りを入れたスタッグボーン(ジグドボーン)や様々な色に着色したボーンなど、スタッグ(鹿角)の価格が高騰するにつれて様々なボーンが使用されるようになりました。

 

他にもマンモストゥース(マンモスの歯)やトルコ石などの石材、コーラル(サンゴの化石)などがあります。

 

人工材

マイカルタ

・ペーパーマイカルタ
・リネンマイカルタ
・キャンバスマイカルタ
基本的には水に強く耐久性に優れますが、繊細なペーパーマイカルタはやや耐久性に劣ります。キャンバスマイカルタはその仕上げによって表情がまったく異なります。バークリバーのようなつるつるの仕上げ、オンタリオのような荒目の仕上げがあります。荒目に仕上げる場合には水に濡れた場合にも滑りにくいハンドリングを実現します。

 

G-10

ガラス繊維を積層し固めた材料です。水に強く耐久性にも非常に優れます。
水に濡れた場合にも滑らずに使用ができます。
表面の仕上げによって極めて滑りにくくすることが可能で、手袋での使用にも向いています。

カーボン

軽く見た目に特徴のある高級材です。カーボンハンドルのナイフばかりを集めるコレクターも。

 

金属系

・エアクラフトアルミ
・チタン
・ステンレス
アルミとチタンは軽いのが特徴です。一方どっしりとしたナイフが好みというユーザーも一定数おり、ステンレスハンドルのナイフも人気です。チタンは加工の難しい高級材でZTやクリスリーブ、スパルタン、ウィリアムヘンリーなどハイスペックナイフによく使用されます。金属製のハンドルは、マイカルタやG-10、樹脂製のハンドルと異なり、素手で触ったときに冷たいのが難点です。

 

パラコード巻

ブレードとハンドルが一体の鋼材そのものがナイフといった形状の場合、ハンドルにパラコード(パラシュートコード)を巻き付けて使用することにより適度なクッションとなる他、緊急時に紐として使用できるハンドルとなります。

 

樹脂系(プラスチック)

グラス強化ナイロンなど、水に強く耐久性もあり、価格の安いナイフによく使用されます。

 

他にもクラトンといった高性能ゴム、キリナイトと呼ばれるアクリル樹脂などがあります。

 

見た目、使用用途、使用頻度によって自分にあったハンドル材を選びましょう!

安い?高い?ナイフの産地・材料・品質

ナイフの価格ってものすごく安い2~3千円のものから10万円オーバーのものまであって、なんでこんなに価格がちがうの?って思いませんか?ナイフの価格を決める大きな要素は「どこで作っているか」と「材料」。では、ナイフの産地は?という大きくは「アメリカ」「ヨーロッパ」「中国」の3つでしょう。

中国製:安くてそこそこの品質のナイフからハイスペックでリーズナブルなナイフを生産。

中国製のナイフは下記の3つに分けられると思います。

A,ものすごく安いが品質にはばらつきがあり仕上げや完成品のチェックが今ひとつB,そこそこ安価で品質もそれなり
C,ハイスペックの製品をアメリカ製の半額から3分の2程度の価格

中国は大量生産で格安のナイフを世界の国々に供給しています。ひと昔前までは安かろう悪かろう…だったものが、最近では高精度の工作機械によって品質の高いナイフの生産も可能となってきました。

ただし、ブレードの焼入れについては精度にばらつきがあり、当たりハズレがある…というのが中国製格安ナイフ、中国製鋼材の評価です。

そんな弱点をアメリカ製の鋼材や日本製、ヨーロッパ製の鋼材を使用してクリアした中国メーカーも最近では出てきました。

リーズナブルなところでは「リアルスチール」、高級(ハイスペック)なところでは「KIZER」「We Knife」などがあります。中国製鋼材は8Cr13MoVステンレスなどがあります。

CRKTはほとんどが中国製でまれに台湾製が含まれます。
上記の中ではBに当てはまり、中国製品の中では品質のチェックや精度は良い方だと思います。

ボーカーのマグナムシリーズなど中国製の特に安い製品は
Aにあてはまり、ひどいものは山秀ではじいています。

1万円以下のナイフはどのメーカーのものでもほとんど中国製です。

山秀で取扱のないメーカーについて詳しくは分かりませんが
スミスアンドウェッソンやカーショウ、ガーバーも中国製が多かったと記憶しております。

 

ヨーロッパ製:1万円前後のものからハイスペックの高品質なナイフを生産。

ヨーロッパでは刃持ちが多少劣っても、研ぎやすく研いだらよく切れる刃物が好まれるため、製品も柔らかめの鋼材のナイフが多くラインナップされています。

そういったヨーロッパの需要に応えるためか、ヨーロッパで製造されている鋼材は研ぎやすい鋼材が中心となっています。

有名なスウェーデン鋼の他、オーストリアやドイツの鋼材などがメジャーです。

アメリカをメインの市場としている製品を製造する工場ではハイスペックなナイフも生産されています。

品質が特に良いのはLion Steel 社製品、価格も2万円以上からのハイスペックモデルが中心となります。

同社は各メーカーの下請けもたくさんしており
FOX、POHL FORCEなどもLionSteelで生産されているモデルがたくさんあります。

その他、ボーカーマセリンオピネルムエラモーラなどは価格相応の品質だと感じます。

その中でもムエラはスタッグなどをハンドルに使ったシースナイフに強みがあり、モーラはスウェーデン鋼の産地であることから、切れ味に優れていると思われます。

ヨーロッパ鋼材で研ぎやすいものとしてはスウェーデンはサンドビック社の12c27、X50CrMoV15、オーストリアはボーラー社のN690など、高級鋼材としては同じくボーラー社のELMAXなどがあります。

 

アメリカ製:ハイスペックなナイフを生産。

アメリカでは様々な需要があり、ハイスペックあり、クラシカルなナイフや、ヨーロッパのような研ぎやすいナイフもある、玉石混交状態でメーカーも多数あります

Buckの110やCaseなどクラシカルなナイフはアメリカで生産されていますが、品質は価格なりです。

やはりアメリカ製といえばハイスペックナイフの製造メーカーが多いのが特徴です。

ホーグZTクリスリーブスパルタンなどがハイスペックナイフと言えます。
品質、精度は素晴らしいですが価格もそれなりに高いです。

ウィリアムヘンリーはハイスペックというよりラグジュアリー(豪華)なナイフという位置づけとなります。

ベンチメイドは上記ハイスペックナイフには品質、精度で劣りますが、量産メーカー、実用ナイフとしての品質と価格、そしてアクシスロックという使い易い独自のロック機構で、アメリカの折り畳みナイフのトップシェアを取っています。

多くのメーカーは様々な国で生産しており、その中でもアメリカで生産されたものについては、そのメーカーの高級ラインナップである場合がほとんどです。

高級鋼材としてクルーシブ社の粉末鋼(CPM-S35VNなど)があります。

 

日本は?

では日本はというと、海外メーカーの製品を生産している工場が幾つかありますが、日本のメーカーとしてはGサカイ、Mカスタ(丸章工業)、モキなどがあります。

日本製ナイフは少し前の感覚では品質が良く感じます。もちろんその通りなのですが、量産メーカーとしては高精度の工作機械を導入していないため、アメリカ、ヨーロッパ、中国のハイスペックナイフの精度が出せません。

唯一の例外はロックステッド社(石田工業)のナイフで、同社のナイフは世界で見ても最高品質のナイフだといえます。価格も相応に高額なものになっています。

日本製の鋼材としては愛知製鋼のAUSシリーズ(AUS-8など)、440C、武生特殊鋼のVG-10、高級鋼材としては日立金属のZDP189などがあります。

台湾製ナイフ

台湾製のナイフは安価な中国製品(B)よりは品質がいいと思います。
オンタリオRAT-1RAT-2フォールディングナイフ、コールドスチール他、CRKTボーカーも一部製品は台湾製です。

 

最近はよほど安いナイフでなければ価格なりに使えるナイフが多くなりました。

実用と割り切れば安いナイフは扱いやすいと思いますし、懐に優しく、柔らかめの鋼材で研ぎやすいので初心者にもおすすめです。

ぜひお気に入りの一本を見つけて下さいね。

 

ランドール

ランドール、歴史を創ったナイフ-1

【ランドール、ナイフ界のレジェンド、アメリカンナイフ】

約200万年前からほとんど変わっていない道具、ナイフ。とはいえ材質や形状は年々変化し、現在に至ります。そのナイフの変化の流れにおいて重要な役割を担ったナイフがいくつかあります。
そのひとつが「ランドール」ナイフです。

主要なナイフブランドといえばヨーロッパが多かった当時、ランドール以前はこれぞアメリカのナイフだ!と言えるナイフがありませんでした。

ランドールは現存するシースナイフのさまざまな形をラインナップし、用途別に系統立ててまとめた初めてのメーカーであり、そのナイフの素晴らしさから初めてアメリカンナイフと呼ばれたナイフなのです。アメリカンナイフの基礎を創ったといっても過言ではありません。

スミソニアン博物館にランドールナイフが展示されていることからもランドールの偉大さが分かります。レザーワッシャー、ナロータングのハンドルを確立したのもランドールです。

また、映画で有名になって憧れた人も多いランボーナイフについて、ランドールのモデル18「アタックサバイバル」の影響を受けたことが見て取れます。これは一例ですが、後のナイフメーカーに多大な影響を与えました。

【賞賛される切れ味】

現在のナイフはランドールの後、ラブレスによって発案されたストック&リムーバル、つまり鋼材の板を切り抜いて形にする方法で作られるものが殆どになりましたが、ランドールは創業から現在においても変わらず鍛造での制作を続けています。

鍛造…つまり日本刀のように鉄の塊を炉に入れてハンマーで打ち付けながら形造る製法です。

鋼材は同じ鋼材でも焼入れの精度などでその品質が大きく変わりますが、鍛造に至っては全く別の鋼材になるといっても過言ではありません。多くのユーザーが素晴らしいと賞賛するその鍛造によるランドールナイフの切れ味もまたランドールをレジェンドと言わしめる理由のひとつです。

手造りでありながら量産するスタイルのランドールナイフは、それまで手作り(カスタム)か工場生産(ファクトリー)しかなかったナイフ業界にセミカスタムというジャンルを創り出しました。

※ランドールの切れ味は非常に賞賛されていますが、初期の刃付けのままではあまり切れません。あくまで研いだときの切れ味がすごいということです。

【ステンレスの鍛造ナイフ】

特筆すべきはステンレス製のランドールについても鍛造されているということです。ステンレスは鋼よりも鍛造することが難しい為、現在も販売されているというのはランドール以外には思いつきません。O-1鋼モデルの方が人気はありますが、ステンレス製はもっと注目されても良いはずのモデルといえます。

【手に入れることが難しい】

1938年に設立した同社は現在も残っていますが、バックオーダーが多すぎるためにオーダーしても出来てこないメーカー、また手に入れることが難しいナイフとして有名です。

販売されている時を見計らってご注文ください。

>>ランドールナイフはこちら

ランドール
Randall Made Knives -Orlando Florida

1938年 設立
1940 カタログ公開
1941-1944 第二次世界大戦においてモデル1~3のランドールナイフが軍に採用される
1945-1948 モデル4~10を追加
1950-1955 True Magazine 雑誌への掲載など売上げ増
1952 モデル11、アラスカン・スキナーを追加
1953 映画「The Iron Mistress.」の人気からボウイナイフ「アーカンソー・トゥースピック」を生産開始
1954-1959 モデル14~15などのミリタリースタイルを含む多くのモデルを追加
1960-1963 宇宙飛行士が携帯するナイフとしてNASAから委託され、モデル17「アストロ」を生産
1965-1967 ベトナム戦争に伴い、モデル18「サバイバル」を開発
1960- ミニチュアを含む多くのモデルが再設計される
1988 50週年記念ナイフの生産
モデル数を徐々に増やしながら当初の製法そのままに現在も製造を続けランドールは80週年を迎えています。