モノマガジン 2018年2/16号 に掲載されました

モノマガジン 2018年2/16号(出版社:ワールドフォトプレス)に映画コマンドーやコブラで使用された山秀で委託販売しているナイフが掲載されました。

monoマガジンでは、「刃物学」と題した特集を組んで、石器から始まり、斧、鉈、日本刀、軍用ナイフ、ナイフ、ハサミ、庖丁などが約40ページに渡ってぎっしり掲載されています。

山秀では、映画で使用されたナイフとして、ジャッククレイン作のコマンドーナイフ、H.J.シュナイダー作のコブラナイフ、ファクトリーナイフとしてボーカーのナイフの掲載に協力しました。

ナイフファンにお勧めの一冊です。

コマンドー、ランボー、コブラなど、ムービーナイフはこちら>>

宜しくお願いします。

ナイフカタログ2018 に掲載されました

ナイフカタログ2018(出版社:ホビージャパン) に掲載されました。

ベンチメイド、ハントシリーズの一本、スティープカントリー#15008を使用した実践記事をはじめ、山秀で取扱のあるベンチメイドボーカームエラCRKTなど沢山のナイフが掲載されています。

ネットではなく紙面でおちついて見たいという方におすすめです。

山秀のナイフはこちら>>

宜しくお願いします。

アウトドア・エスケイプ vol.01 に掲載されました

アウトドア・エスケイプ vol.01 (出版社:交通タイムス社)にクリスリーブナイフが掲載されました。

クリスリーブ氏は、その従軍経験を活かして特殊部隊隊員の資格を得る為のSpecial Forces Qualificationの卒業者に与えられるグリーンベレーモデルをつくり、また、セミカスタムと呼ばれる高精度の工作機械を駆使したハイスペックナイフを創り出し有名になりました。

掲載のモデルは数限りない種類のあるハンドルのグラフィックが美しく特徴的なクリスリーブの代表的なフォールディングナイフ、ラージセベンザ21です。

クリスリーブナイフはこちら>>

宜しくお願いします。

BE-PAL(ビーパル) 2017年 11月号 に掲載されました

BE-PAL(ビーパル) 2017年 11月号(出版社:小学館)に「賢者のナイフ入門」コーナーにて山秀店長の話が掲載されました。

紙面にはGサカイモーラ、バック、スパイダルコヴィクトリノックスレザーマン、ガーバー、オピネルなどのナイフが掲載。

他にもモーラナイフを使用したブッシュクラフトの実演記事や、世界各地の民族的なナイフ、ナイフのメンテナンス方法も掲載されています。

ナイフのマナー記事では山秀店長、小栗のコメントも掲載されています。

ナイフ好きにお勧めの一冊です。

 

ガンズ&シューティング vol.12 に掲載されました

ガンズ&シューティング vol.12 (出版社:ホビージャパン)にムエラナイフが掲載されました。

ムエラはスペインの老舗ナイフメーカー。
特にスタッグ(鹿角)ハンドルのハンティングナイフに定評があり、クラウンスタッグ(角の根元)を使用したハンドルは野趣にあふれています。

大型のハンティングナイフが良く売れています。

ムエラナイフはこちら>>

宜しくお願いします。