ブッシュクラフト ナイフ

ブッシュクラフトとは、森林の中で生活する技術のこと。

現代のテントのような便利な道具が無かった時代、ナイフと火打ち石など最低限の道具を持って、あとは木を削ったり様々なものを現地調達して森林の中で生活する技術が考案されました。

現在ではそんな技術がより自然を身近に感じる方法として脚光を浴びています。ライターやマッチを使わずに火を起こし、一晩中燃え続ける焚き火、木の枝や落ち葉を使ってできるシェルター(テントのようなもの)、カップや皿、フォークなどをナイフで削り出して作る…。

ナイフ一本で「チョッピング」「バトニング」などと呼ばれる技術を駆使して木を薪にし、着火には火が付きやすいフェザースティックと呼ばれる状態に木を加工します。着火にはファイヤースターターを使うのが一般的です。

ナイフで薪を作りファイヤースターターで火花を散らして着火した焚き火で暖をとる…。時にはお湯を沸かしてコーヒーを入れたり、焚き火調理したり…。スイッチひとつで火が点く現代において、あえて便利な道具を使わないことで自然に対する理解や知恵を学びませんか?

ブッシュクラフトに適したナイフはこちら>>

フェザースティック

木の枝に狭い間隔で切り込みを入れてフェザー(羽毛)のように細かい木をつくって、火をおこす際に使います。

ファイヤースターター

マグネシウムの棒(ロッド)をナイフの背か専用のストライカーで削って粉を着火用のフェザースティックなどにかけた後、ロッドを擦って火花を散らし、火を付けます。

ファイヤースターターはこちら>>

 

バトニング

薪を割るにも斧など大きく重いものを持っていけない森林の中ではナイフを使って薪を割ります。
薪にナイフをあてがい、ナイフの背を木の棒(バトン)で叩き、ナイフを食い込ませて薪を割ります。

その際、刃厚の薄いナイフだと薪が割れずにナイフが食い込むだけになります。そのためバトニングには刃厚の厚いナイフが適しています。

薪の割易さはコンベックスグラインド(ハマグリ刃)が一番割れやすく、スカンジグラインド、フラットグラインドと続きます。ホローグラインドのナイフでバトニングが出来ないということはありませんが、刃先が薄く頑強さがないため、使い方を間違えると刃を欠けさせたりしますのであまりバトニングには向いていません。

またバトニングはナイフに強い負荷がかかりますから、フルタングの頑強なシースナイフが適しています。

一部動画ではフルタングではない安いナイフ(モーラ コンパニオンなど)でバトニングをするものが見られます…。出来ないわけではありませんが、ナイフの寿命が短くなりますのでお勧めしません。

 

 

チョッピング

チョッピングはナイフを木や枝に叩きつけて切り込みを入れ何度も繰り返すことで枝を切って短くしたりする技術です。

叩きつけて切り込みを入れるためにはそこそこの重量が必要で大きくある程度重量があるナイフが適しています。軽いナイフや短いナイフでは腕力で叩きつけなくてはならないため、チョッピングには向いていません。

チョッピングが出来るナイフはバトニングも大丈夫、大は小を兼ねるということですね。

 

ブッシュクラフトに適したナイフはこちら>>

お気に入りのブッシュクラフトナイフを手に入れてください!

 

BE-PAL(ビーパル) 2017年 11月号 に掲載されました

BE-PAL(ビーパル) 2017年 11月号(出版社:小学館)に「賢者のナイフ入門」コーナーにて山秀店長の話が掲載されました。

紙面にはGサカイモーラ、バック、スパイダルコヴィクトリノックスレザーマン、ガーバー、オピネルなどのナイフが掲載。

他にもモーラナイフを使用したブッシュクラフトの実演記事や、世界各地の民族的なナイフ、ナイフのメンテナンス方法も掲載されています。

ナイフのマナー記事では山秀店長、小栗のコメントも掲載されています。

ナイフ好きにお勧めの一冊です。

 

ガン・プロフェッショナルズ 2017年7月 に掲載されました

ガン・プロフェッショナルズ 2017年7月 (出版社:ホビージャパン)にシュレードナイフが掲載されました。

掲載のナイフは硬い樹脂と柔らかい樹脂の二重構造のハンドルを採用したフルタングのシースナイフ。

シュレードのナイフはこちら>>

宜しくお願いします。